「7月15日練習日記」やっぱ4スタンス理論は最強か?

「7月15日練習日記」やっぱ4スタンス理論は最強か?

今日は、というか今日もシュート練習をして来ました。

 

シューティングラインについてきになるところがあったので検証のための練習です。

 

気になったというのはノビツキーやラリーバードのようなシュートフォームなんですが、

彼らはボールを頭の横にセットして打ちますね。

このフォーム、ちょっと変わっているように見えるんですが、

理屈としては筋が通っていると思います。

 

というのは、腕は体の横側についているからです。

 

これがナチュラルな体の使い方なのかなぁ、と思いながら練習したのですが、

このシュートフォームでも問題ない気はしました。

 

ただ実際のところ、感覚は全く同じなのですが

足をターンさせることで頭側に持ってくることができます。

 

この方がかっこいいのと、あと目線を中央に寄せた方がボールの軌道を追いやすいので

やっぱり普通のフォームでいいかなと思いました。

 

で、今回はさらに4スタンス理論に基づいてシュートフォームの検証をしてみたのですが、

やはりこの理論はいいんじゃないかと思います。

 

少し前にはまっておりまして、

でも結局後付けなのかなぁなんていう結論になったのですが、

改めてやってみるとスムーズにシュートが打てる感覚になりましたね。

 

私はA2タイプなので、

軸を右足の裏側に置くイメージでシュートフォームを作ってみたら

結構スムーズに入るようになった気がします。

 

もう少し実践してみたいですが、

今後は動画でも紹介していきたいと思います。

 

シェアする
CATEGORIES
TAGS

COMMENTS

Wordpress (0)